ザイザルの海外からの個人輸入とチョコレートの併用

ザイザルは第2世代抗ヒスタミン薬で、比較的新しい薬です。花粉症の治療に使われるジルテックには眠気と副作用がありますが、ザイザルには副作用が少ないです。さらに1日1回寝る前に服用するだけなので、薬代が安くなり飲み忘れもほとんどありません。ザイザルは7歳以上が対象ですが、腎臓や肝臓障害などを患っている人は医師と相談して服用を決める必要があります。一般的に医療機関で診察を受けて処方されますが、海外の個人輸入を利用すれば病院に行く手間を省くことができます。ただし個人輸入によって薬を得ると正しい服用方法を守らない人もいます。正しく扱わないと副作用が重くなる恐れがあるので、用法や用量をちゃんと確認し、信頼できる業者から購入します。花粉が飛散して症状が辛くなる時期は、チョコレートも食べると良いです。チョコレートに含まれるカカオにはカカオポリフェノールが含まれています。赤ワインよりもポリフェノールが多く、ヒスタミンなどの化学伝達物質が症状を引き起こすのを予防する効果があります。抗酸化作用によって活性酸素の生成も抑制されるので、炎症が治まったりストレスに対する抵抗力もアップします。またカカオにはデオブロミンという成分も入っており、自律神経のバランスを整えてヒスタミンの放出を抑制します。他にもビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で万能な食べ物といえます。ただしこれはカカオマスが70%以上を占めるチョコレートに限定された効果です。一般的なミルクチョコレートは糖分が非常に多く、花粉症による炎症を悪化させます。また乳脂肪も多いので腸内で悪玉菌が増えて、活性酸素の生成やアレルギー反応を起こしやすくなります。