ザイザルの様々な副作用

ザイザルは花粉症やアトピー性皮膚炎など様々なアレルギー性疾患に対して効果のある抗アレルギー薬です。成人の場合には1日1回の服用で済み、また小児用のシロップ剤は大変飲みやすい味になっていることから、いずれの年代においても他の抗アレルギー薬と比較してコンプライアンスの向上が期待できることから現在日本では広く使用されています。ここではザイザルの服用で現れることのある副作用に関して解説します。
ザイザルは基本的には副作用の発現しにくい薬ではあります。従来の抗ヒスタミン剤は抗コリン作用が強かったためそれに伴う副作用が発現しやすかったです。しかし徐々に改良され、抗コリン作用の少ないザイザルのような薬が開発されるようになり、副作用はあまり問題にならなくなってきています。それでもやはりザイザルでも敏感な方は抗コリン作用によって副作用が出ることがあります。主な副作用としては眠気やふらつきが挙げられます。ただし発現する確率は10%にも満たない確率です。もしこのような副作用が発現した場合には車の運転や高所などでの危険な作業には注意するようにしましょう。特に飲みはじめにはこういった副作用を感じやすいので、飲みはじめの時期には特に注意しておきましょう。ただザイザルは成人の場合には1日1回就寝前の服用となり、翌日の日中に眠気やふらつきを感じることはあまりないので他の抗ヒスタミン剤よりは安全に使用することができます。また抗コリン作用によって口渇の副作用も起こりやすいです。これが刺激となって喉の症状を感じるようになってしまうこともあるので、口渇の副作用を感じる場合にはいつでも喉をうるおせるように飲み物やあめを持ち歩いておくといいでしょう。