気管支喘息の方のザイザル服用は医者に相談しよう

気管支喘息は空気の通り道となる気管支が、炎症を起こすなどして狭くなることで起こります。原因は諸説ありますが最も多いのが、ダニやハウスダストによる気管支の収縮で、アレルギー反応で放出されるヒスタミンと呼ばれる物質が、気管支の平滑筋の収縮を引き越すために呼吸困難な状態に陥り、気管支炎喘息が発生すると言われています。ヒスタミンはアレルギーの話題でも度々紹介され、アレルゲンに触れることで抗体のある脂肪細胞から放出され、様々な受容体に取り付いて刺激を与えることで、蕁麻疹やかゆみといった症状を引き起こすとされています。抗ヒスタミン剤であるザイザルは、こういったヒスタミンの働きを抑制することで、アレルギーによる症状を緩和する薬として有名です。ザイザルは広い範囲でのアレルギーに適応しており、気管支炎喘息であってもアレルギーが原因であれば、効果を期待することもできます。ザイザルは眠気などの副作用や飲み合わせの問題も少なく、持続時間の長さや比較的安全に使用できることからも使いやすいのですが、処方によるザイザルの効果効能は、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、かゆみとなっており、気管支炎喘息などその他の症状には触れられていません。これは基本的には効果がないとされるもので、アレルギー性鼻炎の延長線上で処方される可能性はありますが、一般的に処方されることはまずあり得ないでしょう。どうしても使用したい場合は、医者に相談して、効き目や副作用の問題がないと判断されてからになります。たまたまザイザルを手元に持っていたとしても、自己判断で勝手に使用すると重篤に陥る可能性もあります。医師の処方薬となっているので、必ず使用する前に確認するようにしましょう。