ザイザル服用中の調味料の過剰摂取注意!対処法は?

ザイザルは、花粉症などのアレルギー性鼻炎や、蕁麻疹、アトピーなどの症状を緩和する医薬品です。
とくに、花粉症の場合は、ザイザルを処方されることが多いです。

ザイザルは、比較的副作用が少ないとされますが、服用するときには注意することがあります。
その一つが、過剰な調味料の摂取です。

調味料といえば、しょうゆ、みそ、塩、砂糖、酢などがありますが、それ以外にも多くの調味料が販売されています。
その中で、特に食塩の過剰摂取は、生活習慣病予防の課題にもなっています。
食塩摂取の約7割は、調味料類からで、使い方やそれ以外の酢や香辛料、だしなどを上手に取りこんでいくことが予防になります。

塩分過剰を防ぐには、食塩の量を減らすだけでなく、塩分を含んでいない調味料を工夫して使うことが大切です。
酢などの酸味、香辛料などの辛み、天然だしなどのうまみなどを組みあわせると、味の相乗効果にもなり美味しくなります。
ただ、手軽に使える顆粒のだし類、各種たれ類やルー類には塩分が入っているので、それを考えて味付けしなければなりません。

また、調味料を上手に使うには、料理を作る時に目分量ではなくて、きちんと計ってから使うようにするとよいです。
出来上がった料理にしょうゆやソース、ドレッシングなどを使うときにも、皿の其処に残るほどかけたり、料理には直接かけないで小皿などに調味料をとってから使うようにすると過剰に使うことがなくなります。

中には、調味料に入っている原材料によって、ザイザルの効果が強く出たり、弱くなったりすることもあります。
適度に調味料を使う分には、それほど問題はないですが、過剰に摂取したりすると影響を与える可能性もあるので、健康のためにも適量を使うようにした方がよいです。