ザイザルなどの抗アレルギー薬の種類と内服薬の飲み方

花粉症などの症状は原因と考えられるヒスタミンの働きで、くしゃみや鼻づまり・目のかゆみや鼻水などの症状を発生させます。このような症状を緩和する治療薬として抗アレルギー薬は存在しています。抗アレルギー薬の主な作用はヒスタミンの発生や活性化を抑制して、症状を軽減したり緩和したりするなどの効能があります。このように抗アレルギー薬には抗ヒスタミン剤の効能も併せ持つタイプがあり、その種類や実際の薬剤の数も多数存在しています。抗アレルギー薬には眠気作用の強いタイプや持続作用の長いタイプなど、それぞれの種類や薬剤ごとに特徴や効能が異なります。1つ目は肥満細胞からヒスタミンなどの様々な化学伝達物質が遊離されるのを抑える抗アレルギー薬です。これらの薬剤は効き目が現れるまでに時間がかかるのが特徴で、最低でも4週間以上を必要とするといいます。そして2つ目は第二世代の抗アレルギー薬と呼ばれ、主な効果は抗ヒスタミン作用に代表されるアレルギー症状の緩和があります。現在では抗アレルギー薬のほとんどがこの第二世代だと言われています。代表的な薬剤としてはザイザルなどの抗アレルギー薬があります。ザイザルは強力な抗ヒスタミン作用のあるジルテックの改良版とされていて、ジルテックの良さはそのままに眠気の作用を改善することで更に完成度を高めているのが特長です。ザイザルは即効性があり眠気の少ない抗アレルギー薬ということで、花粉症などで悩む方には人気の薬剤だといえます。またザイザルは花粉症以外にもじんましんや湿疹・アトピー性皮膚炎などの、様々な皮膚疾患にも用いられることが多いのも特徴です。ザイザルの効き目は1日1回の服用で1日中効果が持続するというのもメリットだといえます。