ザイザルについて

ザイザルは花粉症で起こるくしゃみや鼻づまりなどの症状緩和によく用いられる薬ですが、抗アレルギー薬としての範囲が広く、アレルギー症状の起こる原因を抑制することで、ほとんどの症状に対応できます。第二世代の抗ヒスタミン剤とも言われ、アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎などの症状にも処方され、汎用性の高さがウリとなっています。ザイザルは第一世代抗ヒスタミン剤の改良版で、アレルギー症状を引き起こす素となるヒスタミン受容体に結合しやすい部分のみを抜き出した、成分がザイザルの有効成分であるレボセチリジンです。アレルギー症状が起こるメカニズムとして、一般的な花粉やホコリなどのハウスダストが体内に入ると、人体の免疫機能を担うマクロファージと呼ばれる細胞が異物として排除しようとします。次に同様の異物が入ってきたときに抵抗できるように、Bリンパ球に情報を送って抗体を作らせます。完成した抗体は血液や粘膜内に存在して全身に巡る脂肪細胞に結合し、体内に異物が入ると、抗体が防御しようとして抗原抗体反応を示します。この瞬間、刺激された脂肪細胞がヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサン、プロスタグランジンなどの化学伝達物質を放出します。これらの物質は体中にある様々な受容体に結合し、刺激を受けて過敏症状として、くしゃみやかゆみ、炎症といった反応を起こすようになります。そこでザイザルはヒスタミンが受容体に結合するより先に、受容体に取り付くことで症状を抑えるようになります。また、ヒスタミン以外にも、鼻づまりの原因となるロイコトリエンなどの遊離を抑制する作用も持ち合わせています。第一世代抗ヒスタミン剤よりも副作用の可能性が低いとされ、主立った眠気などは軽減され、比較的に早い薬効を示すことからも人気のある薬となっています。
ザイザルでさようなら辛い日々
■こちらもアレルギー性鼻炎に有効です
アレグラ
ロラタジン